レボクイン250 用法用量
レボクイン250 用法用量
通常、成人にはレボフロキサシンとして1回500mg(2錠)を1日1回経口投与します。尚、疾患・症状に応じて適宜減量します。腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして1回500mg(2錠)を1日1回14日間経口投与します。 最安値購入窓口>>レボクイン(Levoquin)250mg レボクインは、レボフロキサシンを主成分とする、感染症の治療に用いる薬です。感染症は、細菌やウイルス、真菌(カビ)などの病原微生物が人体に侵入し、腫れや発熱、痛み、発赤などの症状を引き起こします。主成分のレボフロキサシンは、主に「細菌」による感染症に効果を示す抗生物質です。 レボクインは、ニューキノロン系の抗生物質(抗菌薬)で、尿路感染症や呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科系の感染症などに使用されています。細菌のDNAの複製をブロックすることで殺菌作用を示します。 レボクインの特長は、従来の抗菌薬に比して抗菌力が高いこと、病巣への移行がよいため飲み薬による治療では治らない難治性の感染症にもすぐれた効果を示すこと、副作用も比較的少ないことがあります。またペニシリン系の抗生物質が効きにくい感染症にも有効性があるのも特長です。

レボクイン250 用法用量

関連タグ レボクイン250 用法用量レボクイン500 用法用量レボクイン250レボクイン500レボクイン 副鼻腔炎レボクイン クラミジア